高等学校等で生物関係の授業ならびに研究指導にあたられている先生方

 日本植物学会第82回大会では、下記のとおり高校生を対象とした企画として「高校生研究ポスター発表」を開催致します。高校生の皆さんの、日ごろの研究活動の成果を発表し、議論を深める場としてご活用いただきますようご案内申し上げます。
 また、表彰式に続けて植物学会理事会主催シンポジウム「おぼえきれない高校生物! -意味のある学びのために研究者コミュニティにできること-」も開催致しますので、時間に余裕のある高校生の皆さんや先生方は、ふるってご参加ください。ご関心をお持ちの先生方や高校生にもお知らせ頂ければ幸いです。

日本植物学会第82回大会 大会会長 山口富美夫
同  高校生対象企画担当 竹下俊治 

 T. 高校生研究ポスター発表

日  時:2018年9月16日(日)発表 10:30〜12:00 表彰式 12:45〜13:15

会  場:広島国際会議場(〒730-0811 広島県広島市中区中島町1-5)
     広島国際会議場のホームページ

発表内容:植物・菌類・微生物に関わる研究であれば、分野を問わずご発表ください。

発表区分:本大会では、未発表に限らず、既に発表済みのものや、研究の経過報告でも発表できます。区分は以下をご参照ください。
  • 未発表の研究・・・本大会が始めての発表になる研究。既に発表した研究でも、その後に新たなデータや考察を加えたものは「未発表」とみなします。
  • 発表済みの研究・・・学会等の全国大会・地方大会で発表したものと全く同一の研究や、論文等で公表済みの研究。
  • 経過報告・・・研究の方法や方向性について,助言や意見交換を希望するもの。
発表形式:ポスターの掲示および説明・質疑応答

表  彰:審査により優秀な発表には賞を授与します(発表済みの研究を除く)。受賞時には、発表者の氏名や高校名、受賞式の写真などを学会ホームページに掲載する場合があります。不都合がある場合は御連絡ください。

発表申込み方法:下記の「高校生研究ポスター発表申込要領」をご参照ください。

参 加 費:無料(引率教員も含む)
※ 参加のみの方も歓迎します。当日、ポスター発表受付にお越しください。ポスター発表の場を通して、学会員と高校生の交流を深めていただきたいと考えております。


 II. 植物学会理事会主催シンポジウム「おぼえきれない高校生物!
   -意味のある学びのために研究者コミュニティにできること-」

日  時:2018年9月16日(日)13時30分〜16時00分

会  場:広島国際会議場A会場(ヒマワリ)

プログラム:
  1. 経塚淳子(東北大学生命科学研究科)「はじめに」
  2. 井上純一(広島大学付属中学・高校)「教育現場からの報告」
  3. 松浦克美(首都大学東京)「なぜ学習は主体的でなくなったか どうしたら主体的になるか,主体的になると何がよいか」
  4. 中野明彦(東京大学)「高校生物の重要用語選定に関する日本学術会議の取り組み」
  5. 園池公毅(早稲田大学)「生物教育の未来 -入試・教科書・検定の三すくみからの脱出を目指して-」
  6. パネルディスカッション「研究者コミュニティにできること、すべきこと」


 高校生研究ポスター発表申込要領
  • 高校生研究ポスター発表申込みページに必要事項を入力して「登録」ボタンを押してください。(申し込みは7/17で締め切りました)
  • 登録は発表タイトルごとに別々に入力してください。
  • 発表要旨原稿の作成には「発表要旨の見本」をご参照のうえ、PDFファイルとして1ページにまとめてください。
  • 1校で複数の発表がある場合は、発表タイトルごとに別々のメールで要旨を送付してください。
  • 発表要旨送付時は、発表申し込み登録のメールに返信する形で送ってください。
    添付ファイル名:要旨○○高校(複数の発表がある場合は、番号を付けて区別してください)
  • 要旨送付先:stakesh@hiroshima-u.ac.jp
  • 要旨を受理したら返信メールを差し上げます。返信がない場合はお問い合わせ先にご連絡ください。
  • 発表申込者にはポスター作成要領を別途こちらからお知らせします。
  • 締め切り:発表申込は2018年7月17日(火)、発表要旨原稿提出は2018年7月31日(火)までにお願いします。


問い合わせ先
〒739-8524 東広島市鏡山1−1−1
広島大学大学院教育学研究科  竹下 俊治
電話・FAX 082-424-7095(竹下)
メール stakesh@hiroshima-u.ac.jp